About Wataru Hamasaki
english below

現在日本のジャズシーンを牽引する若手実力派サクソフォン奏者。

自己のグループや堀秀彰とのコラボユニット’ENCOUNTER’のほか、大坂昌彦カルテット、安カ川大樹FEJE、三木俊雄フロントページオーケストラ、佐山雅弘M’sといった国内最高峰のジャズグループで活躍。

近年ではクラブジャズのカリスマ小林径率いるROUTINEJAZZQUINTETのプロジェクトにも参加。

またその類まれなフルーティストとしの能力も高く評価され、ジャズのみならずタンゴ、フラメンコといった分野でも第一線で活躍している。


現在日本が世界に誇る石森管楽器のオリジナルサックスのエンドーサーも務め楽器開発にも関わる。


バークリー音楽大学奨学金獲得。 これまで菅原彰司、JAY THOMAS、BILL PERKINSの各氏に師事。

1996年名古屋市立大学医学部入学。学生時代より、 イベント、コンサート等多彩な演奏活動を開始。

2000年アメリカシアトルの最も有名なジャズクラブ”Tula's”にアメリカのジャズ教育者として名高いクラレンス エーコックスクインテットのメンバーとして出演。またイゼクワジャズフェスティバルにも出演する。


2002年フランクウェスビックバンドのメンバーとして西海岸でも大規模なポートタウンゼントジャズフェスティ バルに出演。

2003年初のリーダーアルバム'Live at Tulas'をJay Thomasのプロデュースによりアメリカシアトルにて 録音しマクボウティレコードより発表。

 また同年国内では初となる大規模なセルマー社野中貿易50周年記念野中サクソフォンコンクールジャズ部門にて第1位受賞。渡辺貞夫氏とともに 横浜みなとみらい大ホールにておこなわれた優勝者演奏会に出演。


2004年名古屋市立大学医学部を卒業し医師国家試験に合格。医師免許を獲得する。しかし音楽への夢を 捨てきれず音楽活動に専念することを決意。

同年、今アメリカで最も注目を集めているピアニストの一人である、Geoffly KeezerのトリオとJayThomasと ともにアメリカにてレコーディングを行い'Accidentally Yours'を発表 。


2005年シアトル'Tulas', タコマ'Jazzbones'など西海岸のライブハウスにJAYTHOMAS-WATARU HAMASAKI QUINTETで出演。KPLUなど地元のラジオ局やシアトルタイムズなどで取り上げられる。同年活動の拠点を東京に移す。

2006年 都内のライブハウスを中心に活動。横浜ジャズプロムナードなど各地のジャズフェスにも多数出演。

2007年通算3枚目のリーダーアルバム'A DAY OUT'を発表。共演したピアニスト、フィリップストレンジとの全国ツアーで反響を呼ぶ。MUSIC BIRDをはじめ各地のラジオ、新聞に取り上げられる。


2008年安カ川大樹率いるFEJE、佐山雅弘Msなどのレコーディングに参加。堀秀彰とのコラボユニット’ENCOUNTER’のファーストアルバム’ENCOUNTER’をリリース。各地のジャズフェス、BS、ラジオなどに出演。

2009年浜松ジャズウィークなど各地のジャズフェスに出演。’SIGNES AND WONDERS’リリース。また小林陽一グッドフェローズに参加。片倉真由子とのDUOユニット”Duke Ellington Song Book”でも好評を博す。

2010年通算3毎目のENCOUTER名義のNATURE OF MIND をリリース。

小林陽一JJMのニューアルバム“A”Night In Tunisia”に参加。
スイングジャーナル人気投票テナーサックス部門11位。
安か川大樹FEJEのニューアルバム”Live at Stareyes”に参加。

2011年 ENCOUNTER 4thAlbum “Traveler”をリリース。同バンドにて発の一週間の韓国ツアーを行い成功を収める。
NYで活躍するギタリスト西藤ヒロノブと共に種子島で演奏、離島文化振興の地盤を固め始める。

2012年 片倉真由子とのデュオ”Duke Ellington Song Book” デビューアルバム”Single Petal of Rose”を発表、大好評を得、発売一年を待たずして完売するという快挙。堀秀彰とのデュオアルバム”I’m through with love” を発表。あらたなファン層を獲得する。Encounterにてアメリカカリフォルニアで行われた55th Monterey Jazz Fesに出演、3回にわたるスタンディングオベーション、アンコールをえて、大成功をおさめる。

2013年 浜崎航meets松本茜trio”Big Catch”をリリース。ストレートアヘッドなサウンドで大絶賛を得て、全国ツアーを成功させる。同バンドでNHKセッションにも出演。主催するEncounterにて墨田JAZZフェスティバル

、横浜JAZZプロムナード等JAZZフェスティバルに多数出演。
三木俊雄率いるFrontPageOrchのセカンドアルバム‘Stop&Go’に参加。


2014年 3年振りとなるEncounterのNewAlbum “Oasis”をリリース。
モントルージャズフェスティバルin川崎に佐山雅弘グループ、中村健吾グループ、小山太郎グループで出演。


2015年 リーリトナーグループにて東京ジャズ出演。片倉真由子とのDUOアルバム

“In a sentimental mood”リリース。




また医師免許、潜水士免許、JPスクーバダイビングインストラクター、一級船舶免許を持つという異色の経歴も多方面からの注目を集め、最近では離島の文化振興にも取り組んでいる。


主な共演者

安カ川大樹、 井上陽介、 大坂昌彦、広瀬潤次、古野光昭、石井彰、後藤浩二、三木俊雄、川嶋哲郎、小池修、岡淳、堀秀彰、 佐山雅弘、市川秀雄、 大西順子、原大力、片倉真由子、小林陽一、松島啓之、小池修、近藤和彦、ジョナサンカッツ、ジェイトーマス、ジェフキーザー、

フィリップストレンジ、片岡雄三、尾田悟、内堀勝、佐々木史郎、原朋直、岡崎好朗(敬称略)



ジャズフェス

2009 浜松JAZZウィーク、横浜JAZZプロムナード

2012 アメリカモンタレージャズフェスティバル、横浜JAZZプロムナード

2013 横浜JAZZプロムナード、新潟北区」JAZZ祭り

2014 モントルージャズフェスティバルin川崎、横浜JAZZプロムナード、徳島ジャズストリート、岡崎ジャズストリート

2015 東京ジャズ(リーリトナーバンド) 横浜ジャズプロムナード 出雲崎ジャズストリート、取手ジャズフェス、岡崎ジャズストリート


コンサート

2009 秋田朝日放送クリスマスコンサート

2014 倉吉未来中心Art for Everyone 、ミューザ川崎コンサート、


TV出演

CSテレ朝源流JAZZ、14回 東京JAZZBSプレミアム、NHKBS新映像の世紀


新聞、雑誌

2003 Pipersインタビュー

2007 名古屋タイムス スイングジャーナル”最注目若手アーティスト”

2008 JAZZ批評”要注目のミュージシャン”、ジャズライフ





Wataru Hamasaki
Plays

ISHIMORI ORIGINAL TENOR SAX EXCLUSIVELY

Woodstone Reed

FluteMasters Flute


各主催者様および関係者の方々

プロフィールおよび写真などのプロモキットはメイルでお問い合わせください。



other side


長崎県で幼少時代を過ごし、大自然、とくに母なる海に憧れ、休日はすべて海で過ごす。日本中の離島、世界の海を舞台に日々潜る。
日本職業潜水士協会認定ダイビングインストラクター。

スキューバダイビング、フリーダイビング、クルージングをこよなく愛す。


好きなもの 旨い酒(辛口日本酒、超辛口白ワイン、超辛口スパークリング、ミントたっぷりモヒート、芋焼酎、シングルモルト)、料理, テニス、バドミントン、読書 

 

Wataru Hamasaki is recognized as a one of most acclaimed saxophonist among in Japan.

He also famous for a flutist. His music is known for its imaginative and sophistication, and

tradition. He spend years in Seattle to study music with multi horn player/Jay Thomas.

Wataru is a medical doctor who graduate from medical school inJapan and he has been

practice not a medicine but a saxophone.After he graduate from university, he won the first

prize Selmer Saxophone Competition in Japan and the made him very famous in Japanese

jazz scene. He released a leader album "Accidentaly Yours" with Jay Thomas and Geoff

Keezer Trio. This album was highly rated by JAZZTIMES.

As a leader, Wataru has released 9 album.He has been played with pianist/Phillip Strange

and drummer/Larry Marshall continuously in Japan for years. Wataru has released "A DAY

OUT " and "Conversation" with Phillip Strange. Wataru has led a group called "Enconter"

which is co-leader with Hori Hideaki and released 4album . Wataru's recent album is"Duke

Ellington Song Book" with a pianist/Mayuko Katakura who is graduated from Juliard jazz

school.

Wataru has been playing

WOODSTONE(ISHIMORI) tenor saxophone

exclusively.

He has been played with, Jay Thomas, Geoff

Keezer, Jon Wikan,John Hansen,Frank

Wess,Gary Smyulian, Clarence Acox,Buddy Catlet,Eddie Henderson,

Gene Jackson, Junko Onishi,Masahiko

Osaka,Tiger Ookoshi,and many more.

http://www.watarujazz.com/







Wataru Hamasaki Plays Woodstone Tenor Exclusively.
浜崎航は日本の石森管楽器のオリジナルテナーサックスのモニター,アドバイザーを

しています。